×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コレダー06-9-3チムニーのガード不能追加  ナガタ

良く知られているようにアシ専である。
だがコレダーを使う際はただアシストボタンを
連打していればいいというわけではない。
それに本体の立ち回り次第で大きく勝率が変わってくる。

コレダーアシの何が強いか(液体氏協力)

 カバーする範囲が縦、横に非常に広い
 攻撃力が高い
 ガード硬直が長い
 相手を吹き飛ばすことができる

 これらのような特長を挙げられる。そのため以下のような使い方ができる。

 相手の動きを制することができる
 範囲が広い上にガード硬直が長いため、当てにいくことができる。
 またガードさせた場合はそこから攻めることもできる。
 相手が近づいてくるときに先読みで出しておこう。

 相手のアシストをたたき殺せる
 範囲が広いし、攻撃力も高く、相手を吹き飛ばすことができるので
 非常にアシストつぶしに適している。アシストを待ってたたき殺そう。

 コンボや連携に使いやすい
 範囲が広いので非常にコンボに組み込みやすい上、
 攻撃力も高い。逐一コンボに組み込んでいこう。
  例 センチで 強K>SJ>弱K>飛行>弱K+コレダーアシ>強P>強ロケパン
   ストームで 強K+コレダーアシ>アイスストーム  等。

このようにコレダーは攻めの対空アシである。また、基本的にセンチ専用である。
長所は多いが、サイクやサイロ、ケーブルのほうが勝る点も多いためだ。
マグニやストームを重視する際はほかの対空アシを入れよう。また、チーム単位で
考えると、もはやストームセンチコレダーとケーブルセンチコレダーとしてしか
使い道がないかもしれない。

使う際の注意
大事なのは無駄に撃たないようにする事。とにかく最低でも相手に当てるよう心がける。
しかし相手はからうちを誘ってくるので注意する(特にアイスストームには注意)。
もしヒットしなかった場合は必ず何らかのフォローをすること。
その際ゲージを使ってしまってもかまわない。
また全てのアシストがそうであるように、自キャラが死にそうなときは注意が必要。
自キャラが死んだときにアシストが出ていると、取り残されたコレダーも死んでしまう。
体力が少なくなると焦りがちなので、心に留めるようにする。


本体について
アシ専以外の13キャラにはかなわないが、かなり強い部類に入る。
強力な技も揃っているし、案外と活躍できる。

必殺技紹介

技名 コマンド 解説
キャプテンファイヤー 236P 真横に長くて強い飛び道具。主力技のひとつ。
キャプテンコレダー 214P アシストで有名な対空技。ぶっ放し、連続技に使う。
ダメージの高い重要な技。基本的に強だけ使う。
コマンダーストライク(翔) 236弱K 必ず最後まで出るので盾になる。接近戦で重宝する。
かなり強い。
コマ・・(ジェネティー) 236強K 牽制に混ぜる。ガード不能をしやすいとか。
コマ・・(フーバー) 236弱K+強P いらないらしい。使っている人を見たことがない。
超必
キャプテンソード 236PP 高威力でカバーする範囲が広いので使い道は多い。
ただし外すと生交代で反撃確定なので注意。
キャプテンストーム 236KK ソードで切れない相手に使う。たまにぶっ放すのもいい。

使う通常技

技名 解説
弱P 固めるのに使える。
強P 牽制に使える。接近戦の主力技。
強K エリアル開始技。微妙に使う機会は少ない。
2弱K 下段。コンボの起点になる。
2強P 弱Kからチェーンで出す。コンボに重要。
2強K 転ばす。リーチが長い。
J強P 飛び込みに使う。J通常攻撃はエリアル以外はこれしか使わなくていい。
3強P 判定が強いので対空になる。

方針
基本はいかにして交代するかということになる。もし2ゲージ持っていて、かつ後ろに
ストームがいるならすぐにディレイドしてしまってもいい。
しかし現実にはゲージを持っていない場合のほうが多く、いかにしてゲージを
ためるか、ということになる。その際は戦ってゲージをためてディレイドなりカウンターをしよう。

おまけ
またファイターとして戦うときはいかにしてキャプテンソードを入れるか、ということになる。
とりあえず、いきなりぶっ放してもあたるはずがない。相手に攻めさせる必要がある。
幸いコレダーは多くの牽制技を持っているので、それらで固めていく。
相手がガードを固めるようなら投げる。それからぶっ放す。
相手が攻める気満々なら最初からぶっ放す。

コレダーが1人になったときの心構え
まず、コレダー一人になってもあきらめてはいけない。これが一番大切。
ゲージがあれば割とダメージも奪えるし、何より相手が油断している。
100%決まっているような試合でも自分の鍛錬、また相手を楽しませるためにも、
なんとか一人でも倒す努力をするべきである。

立ち回りのパーツ
具体的なパーツを紹介。

下段を刺しにいく
 ダメージの大きいコンボを狙う。

キャプテンファイヤー
 単発で撃つ。連発してもいいが、調子に乗らないようにする。
 空中で連射することで滞空時間を長くすることもできる。

弱Pで固め
 このあと投げたり下段を刺しにいったりぶっ放したりする。

強Pで飛び込み
 判定が強いので使える。ただし基本は地上から。

3強Pで対空
 判定が強いので、コレダーよりも強い場面も多々ある。

投げ
 攻撃力が強い。そのため多用されがちだが、実は攻めに混ぜる程度に使えば十分。
 もともと下段のほうがダメージが大きい上、投げぬけされて変なのが暴発すると困るからだ。

画面端で投げ>3強P
 投げの後暴れた相手に3強Pがささる。コレダーを撃ってもいいが、隙が大きい。

強P>ショー
 かなり強い連携。リーチが長い。ダメージこそ奪えないが、
 コレダーを入れる布石になる。

コレダーぶっぱ
 これを入れるためにがんばる。コレダーの隙も十分大きいので、撃つならソードまで
 入力してしまったほうがいい。後ろにストームがいればいつでも撃てる。

センチアシ>コレダー
 隙の多いコレダーをセンチアシで守る。使える連携。

センチアシ>ジェネティー
 地上もカバーする。使用頻度は低いか。

センチアシ>キャプテンキック
 一気に相手に接近。

ケーブルアシ
 ケーブルアシがあれば、コレダーを撃つ代わりに使える。
 ヒット確認でソードも入る。


コンボ紹介
 
一応紹介します。
 
コレダー>ソード
 もはや説明不要か。
 
2弱K>2強P>コレダー>ソード
 基本コンボ。しかし一部のキャラ(ケーブル含む対空アシとひりゅう)は
 切にくいので注意。画面端ではほとんどのキャラが切れない。 

2弱K>強K>ソード
 こっちの方が安定するようだが使う機会は少ない。

2弱K>2強P>キャプテンストーム
 安定してつながる。

ディレイドを使ったコンボ
 
キャプテンソード>Hフォース 
 後ろにセンチがいることによって攻撃力が大きく上がる。 
 センチコレダーを使うなら要練習。

キャプテンストーム>Hフォース
 こちらのほうが安定する。

ガード不能(06-9-2チムニー)

画面端ではジェネティーをガードさせて、不能を狙うのがベストです。
不能後は、コンボを決めます。
1、立ち小P中P大K>エリアル
2、立ち小P中P大K>コレダー>ソード>DHC
3、立ち小P中P大P>センチγ押し>小キャプテンキック>小P中P
  大P大K>コレダー>ソード>DHC

3、は超ダメージですが難易度が高いので、基本的には1,2を使います。