×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そんそん攻略 04-3-22更新 ナガタ、ファントム

ブラハのアシ専としてはなかなかいけるキャラです。
ただし本体は激弱です。


本体、アシスト性能解説
本体こそ弱いが、アシストに関してはSクラスの強さを持っている。まずはそのアシストを解説。

そんそんアシの特徴(ろひかた氏、joo氏、液体氏協力)

長所

軌道がよく、カバーする範囲が広い
 斜め上に大きな判定を持つので非常に使いやすい。
 キャミィと同じような使い方になるが、こちらのほうがはるかに追撃しやすい。
 また、センチはソンソンを出されたら後ろに下がるしかなく、誰もが手を焼くセンチに
 強いのは非常に大きい。

飛び道具を消せる
 そんそんの対空アシは飛び道具を消すことができる。これが判定の強さの秘密でもあり、
 コレダーをつぶしたりセンチアシを消したりできる。もともと持っている判定自体もなかなか強い。

ダメージが大きい

ガード硬直が長く、削りも強い
 3ヒットもするのでガード硬直が非常に長く、そこから攻めていくことができる。
 また、ガード硬直が長いということはガードさせにいけるということである。3ドットも削るので地味に強い。

帰ってから次に出るまで早い
 比較的連射しやすいアシストである。
 アシストを出せない状態というのは非常に不利な状態であり、
 これは大きな長所である。

短所

防御力が低い
 しかも見た目は小さいが、くらい判定は大きい。アシストで出したときには
 ハイパーバイパーでうまく補正を切ると2回で死ぬこともある。
 
無敵時間がない
 判定こそ強いが無敵時間自体は1フレームもない。


joo氏のコレダーとの比較
使い方が違うのでコレダーのほうが強いと限らない。コレダーは発生が遅いので見てから対処できるし、
接近されたら当たらないのでめくってくるマグニなどにあまり機能しないが、ソンソンやキャミーは誘導
するのでこの点ではめちゃくちゃ強い。コレダーは逆に遠距離タイプである。


アシ専的そんそん本体の使い方


必殺技解説

技名 コマンド 解説
小猿を3匹出す技 236P 飛び道具なんですが本当に飛び道具か?と思えるほどの貧弱ぶりです。
本当に簡単に落とせます。適当な技で全部落ちます。(ビーム判定とかついてなくても)
P連打で出せる技 P連打 これもかなり最悪な技です。運良くぶっ放しが当たって一人倒したあと生交代しようとすると
こいつが暴発します。ソンソンは生交代するのにも気をつけなければいけないのです。
63214Pで出せる技 63214P 投げっぽい技ですが、打撃判定です。サイチャージと同じ系統の技なんですが、
サイチャージの性能とは雲泥の差があります。ガードされたりはずすとOTG級の隙をさらけだします。
しかもなぜか暴発することが結構ある。威力はケーブルに22前後だったと思います。当ててもゴミです。
猿昇竜 623P ヒット確認で如意棒につながる。まともな技です。
壁のぼり 214K Kボタンでそこそこ速い中段が出せます。当ててもダメージは雀の涙ですが。
Pボタンでその場で着地です。余談ですがこれ、センチの飛行→飛行解除ぐらい隙がないです。
裏周り 41236K 地面を這って裏回ります。
超必
如意棒 236PP ダメージ原なんですが、最後の所をあてないと5ドットぐらいしかありません。
これは実話なんですが5ドットぐらいしか残ってないバレッタにカス当たったんですが殺しきれませんでした。
大猿 214PP 大猿に対して、上をキープ出来ないキャラは何もできないので、削るだけ削ってディレイドですぐ帰れる。
また暗転までが1フレと非常に早いために空中のバイパーを見てから光ることができる。
なので後ろにアイアンやマグニがいればそれなりに使える超必となる。
相手をフルーツに
して食べる技
236KK ディレ専の技ですね。ダメージは弱いところで安定してます。ただ確実にダメージを奪えるので
如意棒よりは信頼できる技です。はずすと時が止まったと錯覚してしまうでしょう。

通常技解説
全体的に弱くて致命的。中でも最悪なのがJ攻撃。中も強ものけぞりが異常に短い。
故にJ攻撃が当たっても結構がんばらないとつながらない。また判定も超弱い。

要はソンソンはしゃがみ一択のガン待ちで詰むわけである。
不安なら対空技でもしこんでおけばまず負けない。

一応3大Pがそこそこ出も速く、エリアル始動技なので使える。

立ち回り
基本的には無理に戦おうとせず、できるだけ早くディレイドしてしまう。
ディレイドに限らず、とにかく交代を意識するようにする。
生交代を狙う時はひたすらBJを繰り返し、
たまに昇竜>如意棒をぶっ放す(ヒット確認できる)。
ただし当たっても反撃確定になるので使いどころを考える。

コンボ
昇竜>如意棒
 ダメージ源の主力技。

2強K>SJ>弱P>中P>中K>如意棒
 ダメージのあるエリアル。ただしカスあたりすると弱い。
 コツとしては、エリアルの部分をゆっくりめに入力するといい。




ブラハそんそんのそんそんについて
ブラハはもともと強力なキャラであるが、まとまったダメージを与えられないのが最大の欠点である。
それを補ってくれるのがそんそんアシだ。そんそんの対空アシは非常にヒット硬直時間が長い。
そのため容易にSJで追いかけて追撃することができる。またそんそんアシヒット確認から
インフェルノ>ハートオブダークネス(以下HOD)を入れることもできる。
ついでにガード硬直の長さや削りダメージの多さがブラハのウザさをいっそう際立てる。

サイクを使ったほうがいいのでは?という疑問を持たれるかもしれないが、
サイクとそんそんではヒット確認の難易度が大分変わってくる。
またカバーする範囲もダメージも違い、そんそんが最もブラハに適したアシストとなる。

 ブラハで使う

普通に接近戦で割り込みに使うという使い方もあるが、そんそんアシは
カバーする範囲が斜め前に大きい。そのため中距離で突然出せば相手のダッシュや
ジャンプをつぶすことができる。当たったらインフェルノやSJで追撃すればいいし、
ガードされたり避けられた場合にもインフェルノ→HODで削ってしまえば
アシストを守ることができる。

主なコンボ

アシスト>インフェルノ>HOD等のスパコン
 お手軽に大ダメージ

アシスト>SJ>弱P>中P>前空中ダッシュ>弱P>中P(>中K)
 画面端なら中Kまで入れる。中央だと反撃確定になるので、中Pで止めるか
 タイミングをずらして中K>強Kをガードさせるといい。

2弱K>2中K+アシスト>SJ>強K>エイパ
 生交代をガードした時等に狙う。SJはなるべく早めに出す。
 やや難しいが練習すれば安定するレベル。
 強力なのでブラハそんそんを使う際は必ず身につけたい。



最後に
そんそんはブラハ専用の対空アシである。それ以外の使い方をすると弱キャラになる。
アシストとしてもコレダーやサイク、サイロにはかなわないし、
本体性能などは下から数えたほうが速いくらいである。
ファントム氏も「ブラハ使わない人はソンソンなんか使っても痛い目を見るだけです。いや冗談抜きで」
と言っている。今後強くなろうと願うプレイヤーには是非そのほかのキャラを使って欲しい。